column
コラム

消費税増税前の住宅購入はお得!?

皆さんの私生活に大きな影響を与えるであろう消費税の引き上げがやってきます!
2019年10月より消費税が10%に引き上げられる予定で、増税前には消耗品などの駆け込み購入も予測される中、増税の影響を一番受けやすいのが高額商品である「住宅」についてはたして増税前の駆け込み購入はお得なのかを紐解いていきたいと思います。

 

増税適応前のタイムリミットは?

住宅の引渡しは2019年9月30日までとなります。
不動産は契約から決済まで期間がかかるため、契約を締結していても、引渡しをこの日迄に受けなければ増税前の価格では購入できません。ギリギリになってから探しても間に合わない可能性が高いため、ある程度余裕を持って探すようにしましょう!

完成物件であれば上記の制限となりますが、注文住宅等の戸建を建築する場合どうなるのでしょう?

注文住宅の場合、まず土地を購入しその上に建物立てるためマンションや建売住宅とは期日が異なります。その為、注文住宅の場合は、建物の請負契約を2019年3月31日までに締結すれば、引渡しが10月以降になっても8%の消費税が適応されます。
近々自宅を建てようと考えられている方はそろそろ動き出したほうがいいかもしれません。

 

増税の影響はどの程度なのか?

そもそも消費税とは、消費されるものに対して課税される為、不動産の場合「建物代金」部分のみに掛かり「土地代金」には掛かりません。
また、消費税課税業者である業者が販売する商品に対して掛かるため、中古物件などの個人が売りに出している中古物件には消費税は掛かりません。
つまり、新築物件を購入する場合は、売買価格(建物部分)及び仲介手数料が増税の影響を受けますが、仲介で個人が売主の中古物件の場合は、仲介手数料のみしか影響を受けません。

 

実際数字にして比較してみましょう!

❏3,000万円の新築物件の場合

【売買代金】 8% → 2,400,000円   10% → 3,000,000円   増税額600,000円

【仲介手数料】 8% → 1,036,800円  10% → 1,056,000円 増税額19,200円

増税の影響 619,200円 

❏3,000万円の中古物件を購入した場合。(売主:個人)

【売買代金】非課税の為、なし

【仲介手数料】8% → 1,036,800円  10% → 1,056,000円 増税額19,200円

増税の影響 19,200円

 

個人が売主である中古物件の場合、手数料分の19,200円しか増税の影響を受けません。

 

まとめ

新築物件や注文住宅を購入しようと考えられている方は、増税前に購入することにより増税の影響を受けますが、中古物件を購入する場合はそこまで急く必要はありません。

難しい判断ですが、消費税増税だけを考えて焦って購入をしないことをおススメいたします。

住宅の購入は高額な買い物です。将来のプランをよく考え、それに合ったタイミングで購入することの方が大切です。資金計画を立てて冷静に判断しましょう!

 

マリアスの販売物件のご紹介

イメージ

不動産投資の事なら弊社の
プロスタッフが対応させて頂きます。

フリーダイヤル0800-700-8739【受付時間】9:30~18:00

資料請求はこちら
MAILFORM

オーナー様専用
資産管理ページ

ご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。