column
コラム

民泊×コンビニ

住宅宿泊事業法(民泊新法)が成立し、施行日は2018年6月15日。

施行日まで1ヶ月を切りました。施行を目前にして、手続きに追われている民泊事業者の方、民泊投資家の皆さんも多いのではないでしょうか?

そんな中、民泊についての新たな情報が飛び込んできました。

コンビニ界の大手「ファミリーマート」と民泊仲介業界大手の「エアービーアンドビー」(エアビ)が提携し、ファミリーマートの店舗を鍵の受け渡し拠点にすると発表しました。

 

 

民泊市場に成長の期待

 

コンビニ界の大手と民泊仲介業界大手が手を組むことにより、民泊市場に更なる期待が出来そうです。これにより「セブンイレブン」「ローソン」に引き続きコンビニ大手3社による民泊関連サービスが出そろったことになります。

 

セブンイレブンジャパン→JTBと提携

鍵の受け渡しや、本人確認が出来る「セブンチェックイン」という機械を設置。

2020年までに、1000店舗で展開予定。

 

ファミリーマート→エアービーアンドと提携

2018年度中に東京都心などに150店舗に鍵の受け渡しボックスを設置し、民泊新法で求められる本人確認を店頭のタブレットにて行う予定。

 

ローソン→キーカフェと提携

鍵の保管ボックスを設置。2018年までに100店舗で展開予定。

 

これまでは家主が鍵を手渡ししたり、ポストに予め鍵を入れておき受け渡ししていました。

コンビニを鍵の受け渡し拠点として活用できれば、家主は鍵を渡す手間が省ける他、鍵をポストに入れておき受け渡しする際の鍵の盗難の心配もなくなります。

利用者・家主、共に安心して鍵の受け渡しや鍵の管理ができるようになります。

コンビニ側は鍵の受け渡しに付随して、商品の売り上げの向上に期待しているそうです。

 

 

 

 

成長期待とは裏腹に・・・

 

コンビニとの提携により市場の成長に期待が膨らむ中、あまりよくない情報もあります。

民泊新法施行にあたり、規制に対応できず、廃業する家主も少なくないそうです。観光庁は民泊新法に基づく民泊物件の届出は5月11日時点で724件のみに留まっていると発表しています。60,000件を超える民泊物件があると言われている中、全体の2%にも満たない割合しか届出していないことになります。

今回のコンビニと民泊が「力を合わせる」というニュースとは裏腹に、民泊物件周辺にお住まいの方のクレーム、民泊施設の杜撰な管理体制、違法民泊物件いわゆるヤミ民泊はまだまだ届出の状況から見て多いと受け取ることもできます。

市場の発展に伴い、クレーム、ヤミ民泊に対する規制は厳格に行い、日本を訪れる外国人に喜んでもらうことはもちろんのこと、民泊物件の近隣住民の方にも喜んでもらえる環境作りが必要になってくるのではないのでしょうか?

まだまだ成長の余地がある民泊市場。日本の魅力を世界に伝える大切な手段の1つとして成長が期待できそうです。

マリアスの販売物件のご紹介

イメージ

不動産投資の事なら弊社の
プロスタッフが対応させて頂きます。

フリーダイヤル0800-700-8739【受付時間】9:30~18:00

資料請求はこちら
MAILFORM

オーナー様専用
資産管理ページ

ご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。