column
コラム

こんな営業には気を付けて!~名刺交換営業編~

「こんな営業には気を付けて!」ということで、これまで電話営業編とデート商法編についてご紹介してきました。今回最後に、名刺交換営業についてお話いたします。

名刺交換で営業?と思われる方もいるかと思いますが、オフィス街ではよく行われている営業方法で、なかでも投資用マンションの営業で多く使われているとされています。

では、どのようなものなのか早速見ていきましょう。

 

どのような営業なのか?

不動産投資の営業でよく使われる手法は、まずオフィス街等の働く人が多く集まる場所へ行きます。そして所得が多そうな人をターゲットに「新人研修の一環で名刺交換をさせていただいています」等と言って、名刺交換を迫ります。そうして集めた名刺をもとに営業電話をけるというものです。

この時に、実際の社員ではなく若い女の子や男の子をバイトで雇って名刺交換をさせて名刺を集めているような企業もあるそうです。

 

 

名刺交換するとどうなるか?

街でこのような若者の名刺交換につい応じてしまうと、名刺に記載していた電話番号に上司等からしつこく営業電話がかかってくるようになります。

さらに電話番号を名簿業者等に売られてしまうと、少し電話が落ち着いたと思っても次は違う会社からかかってくるというようなこともあります。

 

この名刺交換を使った営業は、普通の電話営業に比べると効果的であるとされています。なぜなら名刺交換に応じてくれる人というのは、優しくて気の弱い人が多いとされるからです。そのような人をターゲットに電話を掛けることができるので、話を聞いてくれる人に出会える確立が上がるのです。

 

 

まとめ

今では、SNSやネットの普及によってこのような名刺交換が危険であることが広く認知されるようになりましたが、まだまだ知らずに名刺交換に応じてしまい迷惑な営業電話の被害に遭っている人も多くいます。このようなやり方も、効率が良い営業方法の一つかもしれません。しかし、断りもなく勝手に名刺の情報を営業に用いたり、新人社員の名刺交換に応じてくれる方の良心を踏みにじるような営業方法は、やはりどうかと思います。

毎年3月の年度末~4月の新年度に多いとされているので、より注意が必要です。

名刺は、個人情報がぎっしり詰まった大事なものです。怪しいと感じたら、むやみやたらに渡すのは控えましょう。

マリアスの販売物件のご紹介

イメージ

不動産投資の事なら弊社の
プロスタッフが対応させて頂きます。

フリーダイヤル0800-700-8739【受付時間】9:30~18:00

資料請求はこちら
MAILFORM

オーナー様専用
資産管理ページ

ご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。