column
コラム

観光客数

仮想通貨流出や不倫、大相撲問題など暗いニュースばかりが世間を騒がせていますが、

明るい話題を見つけました。

 

世界有数のリゾート地「ハワイ」を日本の「沖縄県」が観光客数で初めて超えたというニュースが報道されました。

沖縄県の入域観光客数は5年連続で過去最高を更新し、今後クルーズ市場へ参入し1,200万人を目指しているそうです。

そこで、気になったので世界の観光客入国ランキングを調べてみました。

 

観光客数・観光収入・観光支出をご紹介したいと思います。

 

■観光入国客数

1位 フランス  8,260.0万人

2位 アメリカ  7,560.8万人

3位 スペイン  7,556.3万人

4位 中国    5,927.0万人

5位 イタリア  5,237.2万人

 

16位 日本    2,403.9万人

 

■観光収入

1位 アメリカ   2,059.40億米ドル(日本円で約226兆円)

2位 スペイン    603.46億米ドル

3位 タイ      498.71億米ドル

4位 中国      444.32億米ドル

5位 フランス    424.81億米ドル

 

ランク外 日本    306.78億ドル(日本円で約33兆円)

 

■観光支出

1位 中国     2,611億米ドル(約287兆円(*_*))

2位 アメリカ   1,236億米ドル

3位 ドイツ     798億米ドル

4位 イギリス    636億米ドル

5位 フランス    405億米ドル

 

※日本はランク外の上、表示されていませんでした(>_<)

※ウィキペディア世界観光ランキング参照

 

世界にはまだまだ届かないですね。それにしても中国の支出額が多いのには驚きました。

2位のアメリカの倍以上のお金を観光費として使っているのです。

日本でも多くの中国の方が消費しており、大阪の道頓堀などは日本人より訪日客の方が多いのでは・・・というくらい毎日多くの人が訪れています。

観光産業とはそれほど大きな収入源となっており、近く控えている東京オリンピックなど日本でも経済効果はかなりの額を見込まれています。

 

そんな中、都心部ではホテルの予約が取れず、民泊など違法な簡易施設も多く存在しています。ビジネスホテルの建設も続々と行われておりますが、間に合っていないのが現状。

それくらい日本の観光産業も発展が見込まれる中、リゾート地の沖縄がハワイに勝ったというニュースはとても素晴らしいことだと感じました。

 

観光をすることで、日々の疲れから解放されたり、新しい発見が合ったりなど、自分自身にもたらしてくれる良い影響があると思います。

また、出かけることで消費も進み、経済発展にもつながります。

一度きりの人生、時間を有効に使うためにも、積極的に観光してみてはいかがでしょうか。

 

弊社が企画開発したリゾート別荘『LECEB SESOKO VILLA』が

今夏8月頃にオープンいたします。

プライベートな時間を過ごしていただくことができますので、是非一度お楽しみください。

http://leceb.com/sesoko-villa/

 

資産運用をご希望の方

http://mareas.co.jp/resort/

 

マリアスの販売物件のご紹介

イメージ

不動産投資の事なら弊社の
プロスタッフが対応させて頂きます。

フリーダイヤル0800-700-8739【受付時間】9:30~18:00

資料請求はこちら
MAILFORM

オーナー様専用
資産管理ページ

ご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。