column
コラム

ふるさと納税とは?

こんばんは

年の瀬に近づき、今年のご収入の予想も大方目途がついてきた方もいらっしゃるかと思います。

弊社でも、節税対策の一つとしてふるさと納税をお考えになられる方とお話しするケースが多くなったなと思います。

最近は、CMでも良く見かけますしね。

 

そこでいまさら聞けない、ふるさと納税の仕組みについて解説していきます。

ふるさと納税は、「納税」とありますが、自分の住まいの自治体以外への市町村への寄付となります。

元々無かった税収入が増える市町村は、その寄付に対して御礼をするという仕組みです。

 

■ふるさと納税とは?

所得により限度額は異なりますが、その限度額を目安に、各自治体へ寄付をすることで寄付した金額から2,000円を控除した額が所得税、住民税より差し引かれる制度となり、

寄付=税金の前払いといったイメージです。

例)30,000円寄付→2,000円(自己負担)=28,000円(税金が安くなる)

プラス寄付先からのお礼品がもらえる仕組みになります。

※詳細の計算は細かくなる為割愛させていただきます(+o+)

限度額を知りたい方は、CMでもおなじみの「ふるさとチョイス」で簡単に計算できます。

https://www.furusato-tax.jp/about/simulation?header_guide

 

■ふるさと納税をした場合は、どうすればよいのか。

ふるさと納税をした場合は、確定申告かワンストップ特例の申告が必要です。

・確定申告をした場合は、所得税住民税から控除

・ワンストップ特例をした場合、住民税から控除

どちらも控除される金額は同じなため、確定申告をする必要のないサラリーマンの方などはワンストップ特例を利用してみてはいかがでしょうか。

ふるさと納税をする際にワンストップ特例を申告されますか?

というチェック欄がありますので、利用される場合はチェックを入れるだけで申告用紙が一緒に送られてくるので簡単です。

 

■まとめ

ふるさと納税ができるサイトは多くあります。

一番大手は「ふるさとチョイス」その後「さとふる」、「楽天」など他もあります。

それぞれのサイトには特徴があり、ポイント制度が異なります。

※特徴比較サイト↓↓↓

https://diamond.jp/articles/-/108715

 

ふるさと納税は、税金の前払いのような制度の為、寄付をすると手元のお金で支払う必要があります。そのため、一度に多くしすぎないよう計画的に無理のない寄付を心掛けてください。

 

PS

実は自分の住んでいる自治体の税収が下がるので、あまりに隔たりが出ると自治体のサービス低下つながるのかもと考えてしまうのは私だけでしょうか。。。

マリアスの販売物件のご紹介

イメージ

不動産投資の事なら弊社の
プロスタッフが対応させて頂きます。

フリーダイヤル0800-700-8739【受付時間】9:30~18:00

資料請求はこちら
MAILFORM

オーナー様専用
資産管理ページ

ご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。